〒 八重山便り +α写真館

それまでは沖縄での旅路を
今では 『そして今、千葉の夜空よりsideB』 として
携帯写真館風に綴っています。
何より、自分自身の備忘録の為にも(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

今年のGW後半は与論島でした

20070225_315518.jpg

これは初日のサンセットぴかぴか 静かに波打つ海面に、一日の終わりを告げるかのように美しいサンセットが私たちを包んでくれたのでした揺れるハート あぁ、また行きたいね与論島月

    
                             上

20070225_315518.jpg

三泊四日の滞在となった初の与論島で、何度となく嗜んだ色鮮やかな鶏飯。ここは八重山諸島ではなく奄美諸島なんだなぁ ・・・ と地域文化の特色の違いをもかみ締めながら美味しく頂いたのでしたグッド

    
                             上

20070225_315518.jpg

5月も上旬なのに、ホテルの中庭には真っ赤なディゴが咲き乱れていたのでしたおはな

    
                             上

20070225_315518.jpg

宿泊先のプリシアリゾートホテルへ到着 ・・・ 案内された部屋からは、このような景色が広がっていたのでした見る

    
                             上

20070225_315518.jpg

なんと、管制塔さえない与論空港へ晴天のもと降り立ったのでしたおてんき

    
                             上

20070225_315518.jpg
奇しくもGW前半を過ごした与那国島への経路でもお馴染みのRAC39人乗りダッシュ8で与論島へ向かったのでした飛行機
photo by suga@すがにぃ - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
OKINAWA

Okinawan

琉球旅情

むるぶし.com

@yaima

@yaimaコミュニティ
Special Thanks

Yaeyama Navi
Special Thanks

千葉ロッテマリーンズ

マリーンズFB

マリーンズTwitter

ジェフユナイテッド市原・千葉

ジェフユナイテッドFB

千葉ジェッツ

千葉ジェッツFB

>> Mobile
qrcode
>> Recommend
台湾 〓好本子(ニイハオノート)
台湾 〓好本子(ニイハオノート) (JUGEMレビュー »)
青木 由香
「BOOK」データベースより
台湾でベストセラー 『奇怪ねー・一個日本女生眼中的台湾』 の著者が日本語ではじめて書き下ろし。

「MARC」データベースより
イラスト、写真満載で素顔の台湾を紹介。台北のカフェ・価値あるお土産・温泉・マッサージなど、著者の集めたとっておきの「ニイハオ」がいっぱい。台湾好きの友人と旅する気分が味わえる!!
>> Recommend
住んでびっくり!西表島
住んでびっくり!西表島 (JUGEMレビュー »)
山下 智菜美
1967年東京都生まれ。
2003年拠点を西表に移す。

出版社/著者からの内容紹介
「BE-PAL」のWEB連載コラム「西表に住もう!」の単行本化。移住のハウツーから、日本のアマゾンとも言われる秘境ならではのびっくり体験、ときには笑えるエピソード満載。写真や地図、行事カレンダーなど島の旅にも役立つ一冊。

「BOOK」データベースより
西表島のリアルな生活を詰めこんだ一冊。

「MARC」データベースより
西表の生活って? 近所づきあいの基本は? 移住のハウツーから、秘境ならではのビックリ体験など、西表島のリアルな生活が満載。『iBE-P@L』で連載されたコラムに大幅加筆修正し、再構成したものです。
>> Recommend
沖縄ナビ 移住編
沖縄ナビ 移住編 (JUGEMレビュー »)
いのうえ ちず

沖縄を旅行した人の何割かは、「ここに住んでみたい」と思うでしょう。リピーターとして、何度も何度も沖縄を訪れているうちに、「住んでみたい」が「住みたい」に、「住みたい」が「住もう」に変化して、本当に引っ越してしまう人も年々増えています。実際に住んでいる人は、なんで住んでいるんだろう? 仕事は? 住まいは? 動機は? 挫折しないで、住み続ける秘訣は? 失業率は高く、平均収入は低く、実は自殺率の高い沖縄は、本当にみんなが住みたくなる南の楽園なのだろうか? そんなソボクな疑問から、県外から沖縄へ移り住んだ人を中心に、121人に「沖縄に引っ越す・働く・暮らす」をテーマに聞き込み調査をしてみました。
この本の基本は口コミです。美しい海の写真はありませんが、ナイチャーの目で見た沖縄がいっぱい詰まっています。ムードもへったくれもない、いやな話もあります。でも、人が生きていくって、こういうことじゃないかと思うんです。
「癒し」のフィルターは一切外しました。
暮らしの沖縄を、ご堪能ください。
(「はじめに」より)
1 / 1
1 / 1

このページの先頭へ