〒 八重山便り +α写真館

それまでは沖縄での旅路を
今では 『そして今、千葉の夜空よりsideB』 として
携帯写真館風に綴っています。
何より、自分自身の備忘録の為にも(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこま@おしまい


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.7


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.6


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.5


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.4


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.3


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.2


                  『石垣島暮らし』 & 前節より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

多良間島 “八月踊り” からのひとこまVol.1


                  『石垣島暮らし』 より続く・・・

9月29日〜10月1日の3日間に及び催された多良間八月踊りの2日目(30日)におじゃました際のスナップから幾つかをご紹介していきたいと思います。

多良間の伝統芸能  多良間八月踊り  国指定重要無形民俗文化財

*2日目午前 / 行事演目 >> 塩川正日・仲筋字民を招待。民俗踊りや古典踊り、組踊り、忠臣公文組
 名忠臣身替が演じられました。
*2日目午後 / 行事演目 >> 民俗踊りや古典踊り、組踊り、多田名組が演じられました。

旧暦の八月に催される 『八月踊り』 の起源は定かではありませんが、本来 『八月お願』・『皆納祝い』 と称されることから、かなり古くから始められたらしい。即ち、1637年に宮古・八重山に実施された人頭税制度によって苦しみを味わった人々は、納税の報告をし、さらに豊年を祈念することを年中行事とした。神前で奉納踊りをし、人々がこぞって祝い楽しみ納税の苦しみを自ら慰めていたのであろう。明治になってからは、民俗踊りに加えて古典踊りや組踊りが首里から伝えられた ・・・  『多良間村役場HP』 より、役場公認のもとご紹介させて戴きました。
photo by suga@すがにぃ - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
OKINAWA

Okinawan

琉球旅情

むるぶし.com

@yaima

@yaimaコミュニティ
Special Thanks

Yaeyama Navi
Special Thanks

千葉ロッテマリーンズ

マリーンズFB

マリーンズTwitter

ジェフユナイテッド市原・千葉

ジェフユナイテッドFB

千葉ジェッツ

千葉ジェッツFB

>> Mobile
qrcode
>> Recommend
台湾 〓好本子(ニイハオノート)
台湾 〓好本子(ニイハオノート) (JUGEMレビュー »)
青木 由香
「BOOK」データベースより
台湾でベストセラー 『奇怪ねー・一個日本女生眼中的台湾』 の著者が日本語ではじめて書き下ろし。

「MARC」データベースより
イラスト、写真満載で素顔の台湾を紹介。台北のカフェ・価値あるお土産・温泉・マッサージなど、著者の集めたとっておきの「ニイハオ」がいっぱい。台湾好きの友人と旅する気分が味わえる!!
>> Recommend
住んでびっくり!西表島
住んでびっくり!西表島 (JUGEMレビュー »)
山下 智菜美
1967年東京都生まれ。
2003年拠点を西表に移す。

出版社/著者からの内容紹介
「BE-PAL」のWEB連載コラム「西表に住もう!」の単行本化。移住のハウツーから、日本のアマゾンとも言われる秘境ならではのびっくり体験、ときには笑えるエピソード満載。写真や地図、行事カレンダーなど島の旅にも役立つ一冊。

「BOOK」データベースより
西表島のリアルな生活を詰めこんだ一冊。

「MARC」データベースより
西表の生活って? 近所づきあいの基本は? 移住のハウツーから、秘境ならではのビックリ体験など、西表島のリアルな生活が満載。『iBE-P@L』で連載されたコラムに大幅加筆修正し、再構成したものです。
>> Recommend
沖縄ナビ 移住編
沖縄ナビ 移住編 (JUGEMレビュー »)
いのうえ ちず

沖縄を旅行した人の何割かは、「ここに住んでみたい」と思うでしょう。リピーターとして、何度も何度も沖縄を訪れているうちに、「住んでみたい」が「住みたい」に、「住みたい」が「住もう」に変化して、本当に引っ越してしまう人も年々増えています。実際に住んでいる人は、なんで住んでいるんだろう? 仕事は? 住まいは? 動機は? 挫折しないで、住み続ける秘訣は? 失業率は高く、平均収入は低く、実は自殺率の高い沖縄は、本当にみんなが住みたくなる南の楽園なのだろうか? そんなソボクな疑問から、県外から沖縄へ移り住んだ人を中心に、121人に「沖縄に引っ越す・働く・暮らす」をテーマに聞き込み調査をしてみました。
この本の基本は口コミです。美しい海の写真はありませんが、ナイチャーの目で見た沖縄がいっぱい詰まっています。ムードもへったくれもない、いやな話もあります。でも、人が生きていくって、こういうことじゃないかと思うんです。
「癒し」のフィルターは一切外しました。
暮らしの沖縄を、ご堪能ください。
(「はじめに」より)
1 / 1
1 / 1

このページの先頭へ